キャンプ

【SOTO】G-ストーブ ST-320

Y


SOTOのG-ストーブ ST-320は、日本のアウトドア用品メーカーであるSOTOが製造するポータブルガスストーブの一種です。

このモデルは、コンパクトで持ち運びやすい設計が特徴で、キャンプやハイキングなどのアウトドア活動に適しています。

ST-320は、高い熱効率と調整可能な火力を提供し、料理や湯沸かしに便利です。また、SOTO製品は一般的に耐久性が高く、使い勝手の良い設計で知られています。

G-ストーブはガスカートリッジを燃料とし、簡単な点火機構を備えています。

点火後、ユーザーはダイヤルを回して火力を調整することができます。

ST-320モデルは、風に強い設計が施されており、アウトドアでの使用に最適です。

スポンサーリンク

製品概要

SOTOのG-ストーブ ST-320は、コンパクトさと携帯性に優れたアウトドア用ガスストーブです。その特徴として、収納時には厚さ25mmになる極めて薄型のデザインを持ち、バーナー部を2枚のガードで保護することで頑丈さとパッキングのしやすさを実現しています。また、V字形のガードが遮熱と風防効果を提供し、安全かつ効率的な燃焼を支援します。

使用する燃料はCB缶で、比較的手に入りやすく経済的な選択肢です。このストーブは圧電点火方式を採用しており、点火が簡単で、ライターなしでも点火できます。また、補助ゴトク付きで、クッカーを安定して置けるようになっています。サイズは使用時に幅153×奥行195×高さ77mm、収納時には幅142×奥行78×高さ25mmとなり、重量は本体のみで380gです。

しかし、レビューによると、風の強い日や高山での使用ではウィンドスクリーンが必要になることがあるとのことです。また、火力は他の一部のSOTO製品に比べて低めで、点火不良や掃除の手間がデメリットとして挙げられています。それにもかかわらず、環境によっては火力が十分でない場合があるものの、キャンプでの料理などには十分対応可能です。

特に、トランギアのメスティンやケトルとの相性が良いと評価されており、メスティンの炊飯には最適なギアとされています。コンパクトで実用性の高い使用が可能で、ソロキャンプやツーリングに特に適しています。

総じて、SOTOのG-ストーブ ST-320は、その薄型で頑丈なデザイン、簡単な点火機能、そしてコンパクトで携帯性に優れた特性から、アウトドア活動において非常に便利な選択肢となります。ただし、使用環境に応じてウィンドスクリーンの準備や、火力の制限を理解しておくことが重要です。

紹介動画

製品仕様

●外形寸法
 幅153×奥行195×高さ77mm(使用時・本体のみ)
 幅142×奥行78×高さ25mm(収納時)
●重量
 380g(本体のみ) 
●発熱量※1
 2.1kw(1800kcal/h) (ST-760使用時)
 1.7kw(1500kcal/h) (ST-700使用時)
●使用時間※2
 約2.1時間(ST-760 1本使用時)
 約2.6時間(ST-700 1本使用時)
●使用燃料
 新富士バーナー製品専用
 SOTO製品専用容器(CB缶)
●点火方式
 圧電点火方式
●材質
 本体:アルミニウム+ステンレス
 火口:アルミダイカスト
 バルブ:真鍮
●付属品
 収納ケース、補助ゴトク
備考
 ボンベは別売です。

関連商品

SOTOパワーガス ST-760

created by Rinker
ソト(SOTO)
¥785 (2024/05/21 09:19:41時点 Amazon調べ-詳細)
secretboy0d-22B001GCIYKY

SOTOレギュラーガス ST-700

created by Rinker
ソト(SOTO)
¥713 (2024/05/21 09:19:39時点 Amazon調べ-詳細)
secretboy0d-22B001AY921I

本体購入はコチラ

G-ストーブ ST-320

 

他のSOTO製品

【SOTO】2バーナー ST-527

【SOTO】ミニマルワークトップ ST-3107

【SOTO】Hinoto(ひのと)SOD-251

【SOTO】レギュレーターストーブ ST-310

 

スポンサーリンク

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT ME
Y
サイト管理人のYです。 知人には秘密で運営しているホームページなので『Yの秘密基地』という名前にしました。 英語でカッコつけてみたら『Secret Base Of Y』になったので少し略してSecretBOYとなってます。 自分が好きな物、やっていること、欲しいもの、 使っているもの等を紹介していきますので見てください。 今後、読者の為になるような記事も書けたらと思っています。 ブログ初心者で不慣れなこともあり、不定期更新になってしまうかもしれませんが、よろしくお願いいたします。
スポンサーリンク
記事URLをコピーしました