ゲーム

ポケモンシリーズの進化 初代から9世代 まとめて紹介

Y

ポケットモンスター(ポケモン)シリーズは、1996年に日本で初めて登場して以来、世界中で絶大な人気を博しているビデオゲームシリーズです。ゲームフリークが開発し、任天堂とポケモンが共同で販売しています。本記事では、日本での発売時期の順に、ポケモンシリーズの歴史を深堀りし、それぞれのタイトルの国内売上本数にも触れていきます。

Contents
  1. 初代
  2. 第2世代
  3. 第3世代
  4. 初代リメイク
  5. 第4世代
  6. 第2世代リメイク
  7. 第5世代
  8. 第6世代
  9. 第3世代リメイク
  10. 第7世代
  11. 第8世代
  12. 第4世代リメイク
  13. 第9世代
  14. ポケモンシリーズの進化と影響
スポンサーリンク

初代

ポケットモンスター 赤・緑(1996年)

1996年2月27日、ポケットモンスター 赤・緑がゲームボーイで日本で発売されました。このゲームは、プレイヤーがポケモンマスターを目指し、ポケモンを捕まえ、訓練し、バトルさせるというコンセプトが特徴です。発売後、子供たちの間で瞬く間に大流行し、国内売上本数は約800万本に達しました。

ポケットモンスター 青(1996年)

赤・緑の成功を受け、同年10月には特定の小売店限定でポケットモンスター 青が発売されました。青版は、赤・緑からいくつかのグラフィックとゲーム内のポケモンの配置を改善したバージョンです。青版の売上は、他の初代タイトルと合わせて計算されることが多いです。

ポケットモンスター ピカチュウ(1998年)

1998年9月12日には、アニメシリーズの人気を受けて、ポケットモンスター ピカチュウが発売されました。このゲームは、ピカチュウがプレイヤーに付いてくるなど、アニメに基づいた要素が多く取り入れられています。ピカチュウ版の国内売上本数は約150万本とされています。

created by Rinker
ノーブランド品
¥8,000 (2024/04/19 06:56:10時点 Amazon調べ-詳細)
secretboy0d-22B09K54BF5N

第2世代

ポケットモンスター 金・銀(1999年)

1999年11月21日、ポケットモンスター 金・銀がゲームボーイカラーで発売され、新しい地域「ジョウト地方」が導入されました。時間の概念、ポケモンの性別、ポケモンの進化など、新しいゲームプレイ要素が多数追加されました。金・銀の国内売上本数は約730万本です。

ポケットモンスター クリスタル(2000年)

ポケットモンスター 金・銀に続く形で、2000年12月14日にポケットモンスター クリスタルがゲームボーイカラーで発売されました。この作品は、金・銀の世界をベースにしながらも、多くの新要素が加えられたバージョンアップ版となっています。特に、この作品からアニメーションが戦闘中のポケモンに追加され、ゲーム内のポケモンがより生き生きと表現されるようになりました。

クリスタル版の最大の特徴の一つは、シリーズで初めて性別の選択が可能になったことです。プレイヤーは男の子または女の子のトレーナーを選んでゲームを進めることができます。また、伝説のポケモン・スイクンを中心に据えた新しいストーリーラインが展開され、金・銀にはない独自のクエストが追加されました。

このほかにも、ポケギアの機能が拡張され、携帯電話を使ったリアルタイムイベントの受信や、他のプレイヤーとの交換・対戦がより簡単になるなど、通信機能が強化されました。ポケットモンスター クリスタルの国内売上本数は約180万本となっており、金・銀の世界観を引き継ぎつつ、新しい試みによりシリーズの魅力をさらに深めることに成功しました。

第2世代の完結と影響

クリスタル版は、第2世代ポケモンシリーズの集大成として、ジョウト地方の物語を豊かに彩りました。新しい技術の導入と革新的なアイデアで、ファンに新たな楽しみ方を提供し、ポケモンシリーズの可能性を広げた重要な作品です。特に、ポケモンのアニメーション表現の導入は、以後のシリーズにも継承され、ゲームの表現力向上に寄与しました。

クリスタル版のリリースは、ポケモンシリーズがただのゲームではなく、深いストーリーと多彩なゲームプレイでファンを魅了する文化現象であることを改めて示した瞬間であり、後の世代のゲームにも大きな影響を与えています。ポケモンシリーズは、クリスタル版を含む各作品での革新によって、常に進化を続けるビデオゲームの代表例となっています。

created by Rinker
任天堂
¥8,348 (2024/04/19 06:56:11時点 Amazon調べ-詳細)
secretboy0d-22B000031KB9

第3世代

ポケットモンスター ルビー・サファイア(2002年)

2002年11月21日、ゲームボーイアドバンスでポケットモンスター ルビー・サファイアが発売されました。新しい地域「ホウエン地方」を舞台に、グラフィックが大幅に向上し、気候変化などの新しいゲームプレイ機構が導入されました。ルビー・サファイアの国内売上本数は約530万本です。

ポケットモンスター エメラルド(2004年)

ポケットモンスター ルビー・サファイアの後、2004年9月16日にはポケットモンスター エメラルドがゲームボーイアドバンスで発売されました。エメラルド版では、ルビー・サファイアの物語に新たな要素が加わり、特にバトルフロンティアの導入が大きな特徴です。これは、さまざまな形式のポケモンバトルが楽しめる施設で、高い再プレイ価値をプレイヤーに提供しました。

エメラルド版では、ルビー・サファイアとは異なるポケモンの配置や、伝説のポケモンが登場する条件など、多くの変更点がありました。また、グラフィックの細部が改善され、アニメーションが追加されたポケモンもいました。エメラルド版は、ルビー・サファイアのストーリーを補完する形で、より深い物語とゲームプレイを提供しました。

ポケットモンスター エメラルドの国内売上本数は約210万本となっており、ルビー・サファイアと合わせて、第3世代のポケモンゲームが大きな成功を収めたことを示しています。

第3世代の影響

エメラルドの登場により、第3世代はポケモンシリーズにおいて重要なマイルストーンとなりました。バトルフロンティアのような新しいコンセプトの導入は、後のシリーズにも影響を与え、ポケモンのバトルをより深く、戦略的なものへと進化させました。また、エメラルドは、ポケモンを通じたコミュニティの結束を強化する役割も果たし、プレイヤー間の交流や共有の楽しさをさらに推進しました。

エメラルドを含む第3世代の成功は、ポケモンシリーズがただのゲームではなく、文化的な現象であることを改めて確認させてくれました。それぞれの新作がリリースされるたびに、新旧のファンがポケモンの魅力に引き込まれ、世代を超えてその人気が継続しているのです。

created by Rinker
任天堂
¥7,480 (2024/04/19 06:56:12時点 Amazon調べ-詳細)
secretboy0d-22B00005OUN5

初代リメイク

ポケットモンスター ファイアーレッド・リーフグリーン(2004年)

ポケットモンスター ファイアーレッド・リーフグリーンは、2004年1月29日にゲームボーイアドバンスで発売された、初代ポケモンゲーム(赤・緑)のリメイク版です。これらのゲームは、初代の基本的なストーリーラインとゲームプレイを継承しつつ、グラフィックの大幅な向上、より使いやすいインターフェイス、そして新しい要素が追加されています。

ファイアーレッド・リーフグリーンでは、初代からのプレイヤーには懐かしさを、新しいファンには初めてのカントー地方の冒険を提供しました。また、これらのゲームから「ポケモン図鑑」が全国版に拡張され、当時までに発表されたポケモンを全て含むようになり、プレイヤーはより多くのポケモンを捕まえてコンプリートすることが目標とされました。

さらに、これらのリメイク版は、ワイヤレスアダプターを使用した新しい通信機能を導入しました。これにより、ケーブルを使わずにポケモンの交換や対戦が可能になり、プレイヤー間の交流がより手軽に、そして楽しくなりました。

ポケットモンスター ファイアーレッド・リーフグリーンの国内売上本数は、合計で約300万本となっており、初代のリメイクとしては大成功を収めました。これらのゲームは、初代ポケモンの魅力を現代の技術で再現し、古くからのファンと新しいファンの両方に受け入れられる作品となりました。

初代への敬意とシリーズの進化

ファイアーレッド・リーフグリーンのリリースは、ポケモンシリーズが自身のルーツを大切にしながらも、技術的な進歩と新しいアイデアで常に進化し続けることを示す象徴的な出来事でした。これらのリメイクによって、新旧のファンがカントー地方での冒険を新鮮な目で楽しむことができ、ポケモンコミュニティの結束をさらに強化しました。

また、シリーズの歴史を振り返る上で重要なマイルストーンともなり、ポケモンゲームの持つ普遍的な魅力と、時代を超えて愛され続ける理由を改めてファンに思い起こさせました。ポケットモンスター ファイアーレッド・リーフグリーンは、ポケモンシリーズの豊かな歴史の中で特別な位置を占める作品として、今も多くの人々に愛され続けています。

created by Rinker
任天堂
¥10,280 (2024/04/19 06:56:12時点 Amazon調べ-詳細)
secretboy0d-22B0000CBX80

第4世代

ポケットモンスター ダイヤモンモンド・パール(2006年)

2006年9月28日、ニンテンドーDS用ソフトとしてポケットモンスター ダイヤモンド・パールが発売され、新しい地域「シンオウ地方」が舞台です。この世代から、Wi-Fiを使用したオンライン対戦や交換が可能になり、プレイヤー同士の交流がより広がりました。ダイヤモンド・パールの国内売上本数は約580万本となっています。

ポケットモンスター プラチナ(2008年)

ポケットモンスター ダイヤモンド・パールの後続作として、2008年9月13日にポケットモンスター プラチナがニンテンドーDSで発売されました。プラチナ版は、ダイヤモンド・パールの物語を基にしつつ、多くの新要素と改善が施された作品です。特に、ディスティションワールドという新たな次元が登場し、伝説のポケモン、ギラティナの新しいフォーム「オリジンフォーム」が導入されました。

このゲームでは、シンオウ地方の冒険がより深く、詳細に描かれています。天候や時間に応じて変化するゲーム内の環境、バトルシーンのグラフィックの向上、さらには新たなキャラクターの登場など、プレイヤーに新鮮な体験を提供しました。また、バトルフロンティアが復活し、ダイヤモンド・パールでは見られなかった様々なバトル施設が楽しめるようになりました。

ポケットモンスター プラチナの国内売上本数は約280万本と報告されており、ダイヤモンド・パールの成功を引き継ぎ、さらに多くのファンを魅了しました。プラチナ版のリリースは、シンオウ地方の物語と世界観をより深く掘り下げ、ポケモンシリーズの豊かなストーリーテリングとゲームプレイの進化を示した重要なマイルストーンです。

第4世代の影響

プラチナ版の発売は、第4世代ポケモンゲームの完成形とも言えるもので、シリーズのファンから高い評価を受けました。新しい冒険の地、改善されたグラフィック、豊富なコンテンツは、この時期のポケモンシリーズの魅力を最大限に引き出しています。また、オンライン機能の拡張により、世界中のプレイヤーとの交流がさらに活発になり、ポケモンコミュニティの絆を強化しました。

プラチナ版は、ポケモンシリーズの持つ探求の楽しさ、バトルの魅力、そして物語の深さを改めてプレイヤーに示した作品であり、後のシリーズ作品にも多大な影響を与えています。ポケモンシリーズは、こうした各世代での新しい試みと進化を続けることで、常にファンを惹きつけ、新しい体験を提供し続けています。

created by Rinker
任天堂
¥16,980 (2024/04/18 12:50:05時点 Amazon調べ-詳細)
secretboy0d-22B001IBHTIQ

第2世代リメイク

ポケットモンスター ハートゴールド・ソウルシルバー(2009年)

ポケットモンスター ハートゴールド・ソウルシルバーは、2009年9月12日に日本で発売された、第2世代のポケモンゲーム、ポケットモンスター 金・銀のリメイク版です。ニンテンドーDSで発売されたこれらのゲームは、金・銀のストーリーとゲームプレイを基にしながら、グラフィックの改善、新しいゲームプレイの要素、そしてタッチスクリーンを利用したインタラクションが追加されました。

リメイク版では、ジョウト地方とカントー地方の両方を探索することができ、プレイヤーは再び16のジムリーダーに挑戦し、ポケモンリーグを目指します。特に注目されたのは、プレイヤーの後をついてくるポケモンの機能が復活したことで、任意のポケモンを選んでパートナーとして連れ歩くことができるようになりました。

ハートゴールド・ソウルシルバーの国内売上本数は約390万本となっており、金・銀のリメイクとして、ファンから高い評価を受けました。これらのゲームは、第2世代の魅力を現代の技術で蘇らせ、新旧のファンに広く愛される作品となりました。

created by Rinker
任天堂
¥17,800 (2024/04/19 10:51:03時点 Amazon調べ-詳細)
secretboy0d-22B001U0Q17A

第5世代

ポケットモンスター ブラック・ホワイト(2010年)

2010年9月18日には、ポケットモンスター ブラック・ホワイトがニンテンドーDSで発売されました。新地域「イッシュ地方」を舞台に、シリーズ伝統の探索と戦闘に加え、季節の変化や3Dグラフィックスの導入など、新しい試みが多数盛り込まれました。ブラック・ホワイトの国内売上は約500万本です。

ポケットモンスター ブラック2・ホワイト2(2012年)

ポケットモンスター ブラック2・ホワイト2は、2012年6月23日に日本で発売された、ニンテンドーDS向けのポケモンシリーズ作品です。これらのゲームは、ポケットモンスター ブラック・ホワイトの直接的な続編として位置づけられており、シリーズ史上初めて、同じ世代内で発売されたメインシリーズのゲームが直接的なストーリーの続編となりました。ポケットモンスター ブラック2・ホワイト2の国内売上は、発売後の数年間で約300万本に達しました。

created by Rinker
任天堂
¥16,371 (2024/04/19 06:56:14時点 Amazon調べ-詳細)
secretboy0d-22B001U0Q16Q

第6世代

ポケットモンスター X・Y(2013年)

2013年10月12日、ポケットモンスター X・Yが世界同時発売され、ニンテンドー3DSでの展開が始まりました。この世代で、シリーズはフル3Dグラフィックに移行し、新地域「カロス地方」が登場しました。また、メガシンカという新たなポケモンの進化形態が導入され、戦略性が深まりました。X・Yの国内売上本数は約450万本と報告されています。

created by Rinker
任天堂
¥19,598 (2024/04/19 06:56:15時点 Amazon調べ-詳細)
secretboy0d-22B00NAW5R0I

第3世代リメイク

ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア(2014年)

ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイアは、2014年11月21日にニンテンドー3DSで発売された、第3世代のポケモンゲーム、ポケットモンスター ルビー・サファイアのリメイク版です。これらのゲームは、ホウエン地方の原作のストーリーラインを踏襲しつつ、3Dグラフィックス、新しいゲームプレイ機構、そしてメガシンカなどの新しい要素が追加されました。

オメガルビー・アルファサファイアでは、原作にはなかった「プリズムタワー」と呼ばれる新しいストーリーエレメントが導入され、プレイヤーはホウエン地方のさらに深い秘密を解き明かすことになります。また、伝説のポケモンを集める「ひでんのくつろぎ」など、新しい冒険も用意されています。

オメガルビー・アルファサファイアの国内売上本数は約300万本を記録し、ルビー・サファイアのリメイクとして、新たな技術を駆使しながらも原作の魅力を忠実に再現した作品として、多くのプレイヤーから支持されました。

created by Rinker
任天堂
¥16,780 (2024/04/19 06:56:15時点 Amazon調べ-詳細)
secretboy0d-22B00NAW57O4

第7世代

ポケットモンスター サン・ムーン(2016年)

2016年11月18日、ポケットモンスター サン・ムーンがニンテンドー3DSで発売されました。アローラ地方を舞台に、従来のジム戦ではなく、「試練」と呼ばれる新しい形式の挑戦が導入されました。また、ポケモンの形態変化「リージョンフォーム」が登場しました。サン・ムーンの国内売上本数は約380万本です。

ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン(2017年)

ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーンは、2017年11月17日に世界同時発売された、ニンテンドー3DS用ソフトです。これらのゲームは、ポケットモンスター サン・ムーンの続編として位置づけられており、同じアローラ地方を舞台にしつつ、新しいストーリー要素、新しいポケモン、そして新しいゲームプレイ機能が追加されました。

ウルトラサン・ウルトラムーンでは、前作にはなかった「ウルトラワープライド」という新機能が登場し、プレイヤーはウルトラビーストが住む異次元の世界を探索することができます。また、伝説のポケモン「ネクロズマ」との新たなストーリーラインが展開され、ネクロズマがサン・ムーンの象徴的なポケモン、ソルガレオとルナアーラと融合する「ネクロズマの新たな姿」が重要な役割を担います。

ゲーム内では、新しいZワザや、これまでに登場した伝説のポケモンを捕まえるチャンスも提供され、プレイヤーに新鮮な体験をもたらしました。さらに、バトルエージェンシーという新しい施設では、レンタルポケモンを使用して他のプレイヤーと戦うことができるなど、バトルの楽しさも向上しています。

ウルトラサン・ウルトラムーンの国内売上は、発売後短期間で200万本を超えるヒットとなり、サン・ムーンの世界をより深く、広く探索したいと願うファンから高い評価を受けました。これらの作品は、アローラ地方の物語を豊かに拡張し、ポケモンシリーズの魅力をさらに高めることに成功しました。

シリーズの新たな地平

ウルトラサン・ウルトラムーンは、ポケモンシリーズにおける新たな挑戦と冒険の象徴です。異次元への旅、新たなストーリー展開、そして豊富なコンテンツは、ファンに新しい体験を提供し、シリーズの魅力を再確認させるものでした。これらのゲームは、ポケモンシリーズが常に進化し続ける生きた作品であることを示しており、未来に向けた無限の可能性を秘めています。

created by Rinker
任天堂
¥31,527 (2024/04/19 10:51:04時点 Amazon調べ-詳細)
secretboy0d-22B00BLZM34O

第8世代

ポケットモンスター ソード・シールド(2019年)

2019年11月15日には、ニンテンドースイッチ用としてポケットモンスター ソード・シールドが発売されました。ガラル地方が舞台で、シリーズ初の完全なオープンワールド形式が導入され、大幅な進化を遂げました。また、ダイマックスという新しいバトルメカニズムが登場しました。ソード・シールドの国内売上本数は発売後短期間で約300万本を突破し、その後も増加し続けています。

ポケットモンスターシリーズは、25年以上にわたり、世代を超えて多くのファンに愛され続けています。各世代ごとに新しい地域、新しいポケモン、そして新しいゲームプレイの機構が導入され、常に新鮮な驚きと楽しみを提供してきました。これからも、ポケモンの世界は進化し続け、新たな冒険が無数に待っています。

created by Rinker
任天堂
¥32,970 (2024/04/19 06:56:21時点 Amazon調べ-詳細)
secretboy0d-22B0C1MC3SL9

第4世代リメイク

ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール(2021年)

ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパールは、2021年11月19日に全世界で同時発売された、ニンテンドースイッチ用ソフトです。これらのゲームは、2006年にニンテンドーDSで発売されたポケットモンスター ダイヤモンド・パールのフルリメイク作品として開発されました。

created by Rinker
任天堂
¥37,980 (2024/04/19 06:56:17時点 Amazon調べ-詳細)
secretboy0d-22B0CH2KS32M

第9世代

ポケットモンスター スカーレット・バイオレット(2022年)

2022年11月18日、最新世代となるポケットモンスター スカーレット・バイオレットがニンテンドースイッチで発売されました。この作品では、シリーズ史上初となる完全オープンワールドを採用し、プレイヤーはパロディア地方を自由に探索できます。また、新システム「テラスタル現象」が導入され、ポケモンバトルに新たな戦略をもたらしました。スカーレット・バイオレットの具体的な国内売上本数は発売から間もないため正確な数字を把握することは難しいですが、発売初週の世界的な売上は1000万本を超える大ヒットとなりました。

Nintendo 任天堂 Switch有機ELモデル(有机EL款) スイッチ Joy-Con(L)/(R) (L) ネオンブルー/(R) ネオンレッド ねおん 青色(水色) 赤色(オレンジ) 本体セット ねおんれっど すいっち neon biue red 青赤 赤青 ネオンレッド ネオンれっど
ノーブランド品

ポケモンシリーズの進化と影響

ポケモンシリーズは、ゲームの枠を超えて広大なメディアミックスを展開しています。アニメ、映画、カードゲーム、グッズ、アプリなど、多岐にわたるコンテンツが世界中で愛されています。シリーズの成功は、シンプルで理解しやすいゲームプレイ、愛着を持てるキャラクター、そしてプレイヤー同士のコミュニケーションを促すデザインにあります。また、毎世代ごとに新しい技術を取り入れることで、ゲーム業界における技術革新の一翼を担っています。

まとめ

ポケットモンスターシリーズは、単なるゲームを超えた文化的現象であり、世代を超えて愛される普遍的な魅力を持っています。初代から最新作に至るまで、ポケモンは多くの人々に夢と冒険の世界を提供し続けてきました。その進化は止まることなく、新たな技術とアイデアでこれからもファンを驚かせ、楽しませてくれることでしょう。ポケモンシリーズは、ビデオゲームという枠を超え、多くの人々の心に刻まれた、かけがえのない存在となっています。

この記事では、ポケットモンスターシリーズの各タイトルを日本での発売順に追いながら、その歴史と進化、そして国内売上本数に焦点を当てて紹介しました。各世代における新たな挑戦とイノベーションは、シリーズが長きにわたり愛され続ける理由の一つです。ポケモンの世界はまだまだ広がりを見せており、未来にはさらに多くの冒険が待っています。

スポンサーリンク

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT ME
Y
サイト管理人のYです。 知人には秘密で運営しているホームページなので『Yの秘密基地』という名前にしました。 英語でカッコつけてみたら『Secret Base Of Y』になったので少し略してSecretBOYとなってます。 自分が好きな物、やっていること、欲しいもの、 使っているもの等を紹介していきますので見てください。 今後、読者の為になるような記事も書けたらと思っています。 ブログ初心者で不慣れなこともあり、不定期更新になってしまうかもしれませんが、よろしくお願いいたします。
スポンサーリンク
記事URLをコピーしました