キャンプ

弟にテーブルの天板作らされた

どうも!

最近、弟がRAV4を買ったんですが

それをキッカケに弟もキャンプにハマりだしてます( *´艸`)

そんなこんなで最近はキャンプ道具の話題が多い兄弟の会話なのですが、

成り行きでテーブルの天板を作ることになり、何故かバイク屋で政策を開始しました(笑)

 

採寸

まずは採寸!

地道に寸法を測っていくのもめんどくさいので蓋を当ててなぞるように鉛筆で型を取りました。

今回使用したのは

タモ集成材

 サイズ:25mm×500mm×900mm(カット前)

重いけど硬くてしっかりしてる材料です。塗装をすると木の目がキレイに出てきます(*’▽’)

 

型はこんな感じ

木の継ぎ目に合うように位置調整もしました。

鉛筆の跡はあとで消しゴムで消せるように軽く書くようにしたけど、

よくよく考えたら蓋の外側のサイズで型をとっているから鉛筆の跡は全部切り落とします。

むしろ見やすいようにペンでも良かったかも(^^)

 

カットした様子

とりあえず丸ノコでギャンギャン切ってった(*’▽’)

まだ丸ノコで直線状に切っただけだから四つ角のRの部分はいびつだけど(-_-;)

再度ボックスの蓋にあてて、サイズの確認!どのぐらいサイズの違いがあるかチェック!

分かってたけど、ちょっと天板の方が大きかったので

数mmづつ四辺を丸ノコでカットして、Rの調整はサンダで削っていきました( *´艸`)

 

ボックスに収納できるように分割

使用しないときはボックスの中に収納できるように3分割にしてほしいと要望があったのでカットしました。

四つ角のRも結構キレイになったでしょ?

1枚づつ削っていくのは面倒だから2枚を重ねてクランプで留めて、いっぺんにサンダーで削ったけど正解だったね(^^)/

 

ヤスリがけ

切った小口もそうだけど、表面もヤスリがけしとくと表面が整って触った感じが全然違うからね!

前の工程でサンダーの使い方も見せていたからココからはほとんど弟が自分でやってた( ゚Д゚)

削ってる最中に時折、触れてみて、肌触りの違いに感心してた(笑)

 

異様な光景

弟にヤスリがけをやらせている間にYは片付け♪

この日は雨が降ってたからね(-_-;)

本当は外でやりたかったんだけど、Yの小屋は諸事情により散らかってるから急遽バイク屋でやった(-_-;)

作業台がエンジンオイルの缶。周りはバイクだらけ。

今回の工作物は小さくて良かった(笑)

 

塗装も完了

塗装したらこんな感じ!

どう?

結構いい感じに木目が協調されたでしょ( *´艸`)

油性のオイルステインで塗りました( `ー´)ノ

筆で1面塗ったら乾く前に布でこするようにして全体に馴染ませてムラも出ないようにできた(*’▽’)

ステインは塗りやすくて良いよね♪

メープル色で塗ったんだけど、元の材種がタモだから濃く仕上がってチークっぽくなった(笑)

それでもわかってたからOK

 

異様な光景2

さっき片付けとか言ってたのにほとんど変わってない様子。

むしろ散らかった?(笑)

てかこうやってみると本当に狭いところでやってるよね( *´艸`)

よく見ると新聞もバイクの新聞だから(^^)

それにしてもこの集成材と塗料の組み合わせ、

床の色にマッチしてるから
そのうちバイク屋用に棚でも作ろうかな(笑)

※Yはサラリーマン、バイク屋ではありません(;^ω^)

ABOUT ME
Y
サイト管理人のYです。 知人には秘密で運営しているホームページなので『Yの秘密基地』という名前にしました。 英語でカッコつけてみたら『Secret Base Of Y』になったので少し略してSecretBOYとなってます。 自分が好きな物、やっていること、欲しいもの、 使っているもの等を紹介していきますので見てください。 今後、読者の為になるような記事も書けたらと思っています。 ブログ初心者で不慣れなこともあり、不定期更新になってしまうかもしれませんが、よろしくお願いいたします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です